EZO TIMES

餃子とビールとJEEPを愛する平成生まれの元広告マン、現海外事業コンサルタントの雑記。

MENU

20代で3回転職して実際役立った転職サイトやエージェントまとめ。

f:id:saitosaitosaito1009:20180429232023j:plain

僕は新卒で広告会社に就職し、27歳の現在に至るまで3社を転々としました。
いずれも広告業界での転職でキャリアアップを志向し、直近では大手の広告代理店に在籍しておりました。


いずれの会社でも基本的な僕のポジションは営業でしたが、それぞれ求められるスキル・役割は会社毎に異なるもので、その点では異なる環境に身を置いたことで常にアップデートすることができました。

 

www.heisei-zakki.com

 


 
僕は大手の広告代理店に入るということが、ある時目的化してしまっていたことに気が付きました。
実際、大手の広告会社は僕には全く合いませんでした。
トップダウンであるがゆえ、内部で不満を持った社員の声は、部署移動あるいは退職という2つの道しかない。
未だに古い慣習を踏襲し続け、自浄作用が全く働かない古い組織に僕は唖然としました。

2018年に入り広告業界からキャリアシフトして、現在はインバウンドを主に海外事業のコンサルタントをしております。

転職を何度か繰り返して、実体験をもとに実際に役立った転職サイトをいくつか紹介します。

大手の有名どころのサイトは殆どの方がまず登録すると思うので、案外知らない人が多くて意外と便利な転職サービスを紹介しておきます。

 

ミイダス

ミイダスは自分の職歴や学歴、持っている資格などを入力するだけで、2.3分で自分の市場価値を"見い出す"ことができます。
年収査定ができるので、自分の市場価値がどれくらいなのか気軽に知ることができます。
今の自分の年収が妥当なのか、転職したらどれくらいキャリアアップできるのかがすぐにわかる求人のラインナップなので見ててわかりやすいのも特徴です。

様々な転職サイトがありますが、
ミイダスにも面接確約オファーの機能があるので、とりあえず登録だけしておくのがオススメです。
転職する気が今は無くても、魅力的な求人を発見できることがあるので、いざ今転職するときではなくても事前に登録しておくと良いでしょう。
忘れた頃に、思いがけず良いオファーが来ることもあります。

 

リージョナルキャリア

エージェントの中で最も親身な対応で良質な求人を紹介してくれたのはリージョナルキャリアでした。
大手のリクルートやパーソルキャリアと比較すると、エージェントの質はかなり差があります。
地元のニッチな求人もあるので、これは知らなきゃ損です。
リクルートやパーソルは一度何社か求人紹介してそれで終わり。
最初に電話や面談でヒアリングはしますが、こちらの希望や意向に紐付いた求人紹介は圧倒的にリージョナルキャリアの方が質が高いです。