EZO TIMES

餃子とビールとJEEPを愛する平成生まれの元広告マン、現海外事業コンサルタントの雑記。

MENU

大人になってから人生が楽しくなるコツ

一度きりの人生。“同じ毎日”を繰り返すと思考も体も老化する。

f:id:saitosaitosaito1009:20181008221758j:plain

同じ毎日を繰り返すおじさんって、過去の同じ話を何度も繰り返して、見た目も老けがち。

年齢を重ねてもアクティブな人は、見た目も若いし未来の話をする。

人生は“興味と面白さ”の2つを失うと一気に老化すると思う。

特にアラサーあたりから意識的に新しい習慣を取り入れることで、思考や価値観を毎日アップデートできるようになる。

年齢を重ねると、新しいものを受け入れることは「ダグラス・アダムスの法則」にもあるようにどんどん難しくなります。

 

・人は、自分が生まれた時に既に存在したテクノロジーを、自然な世界の一部と感じる
・15歳から35歳の間に発明されたテクノロジーは、新しくエキサイティングなものと感じられる
・35歳以降になって発明されたテクノロジーは、自然に反するものと感じられる

 

35歳以降は新しいものが受け入れにくくなるのが普通なんですね。

会社と家の往復だけの日々から脱却し、価値観や思考もアップデートし続けることが一番の若返りになります。

 

www.heisei-zakki.com

www.heisei-zakki.com

 

大人になってからは、生活がマンネリ化する人も少なくないと思う。

毎日同じ通勤路を通り、同じ時間に退社し自宅に帰る。
同じものを食べて、同じ時間に寝る。

 

会社と自宅の往復で概ね1週間が終わる。

そんな日常に変化を与えて、自分の人生を変えたい、少し面白くしたいと思っている人は

 

・1年に3回、自分らしくないことをやってみる
・毎日使う日用品を変える
・普段通らない通勤路を通る

 

1つの些細な行動が、つまらない日常からの脱線のきっかけになることはよくある。
あえて一人で居酒屋入るとか、インドアだけど一人旅とか。

 

予定不調和な毎日になると、人生は刺激的で自分がどんどん変化します。

魅力的な大人は、会う度に新しい話題を話すし、違うエッセンスが常にインプットされているから、見ていていつも新鮮さを感じられる人。

 

何か一つ新しいことを始めてみるだけで、付加価値が付いて色んな変化が生まれます。

小さな一歩でいいので“毎日自分を更新”したいくと、人生がより楽しくなると思います。
僕と同じアラサー独身会社員は特にオススメです。