EZO TIMES

餃子とビールとJEEPを愛する平成生まれの元広告マン、現海外事業コンサルタントの雑記。

MENU

通勤の風景

f:id:saitosaitosaito1009:20180526144101j:plain

通勤の時、僕は毎日会社の近くにある大きな商店街を通る。

 

通勤で通る人や開店準備をする人、逆に朝が仕事終わりで帰宅する人、いろんな人が通る。

パチンコ屋には、毎日開店前から先頭に並ぶおじいさんがいる。

最近は週2回くらい、パチンコ屋に朝からものすごい行列ができている。


日本人の片道の平均通勤時間は約39分らしい。
首都圏の会社員になると約58分。

 

ちなみにドイツとアメリカは片道約20分くらいらしい。

 

毎日、満員の臭い電車に2時間。
僕にはできない…。

 

学生時代、新宿発の終電に初めて乗ったときは、地方から来た僕にはやっぱり衝撃的だったなー。

下北沢あたりでサラリーマンが口論初めて、終電なのに2人ともホームに降りて喧嘩してる。

 

なんて無駄な消耗をしてるんだろう、働きながら金曜日の帰路でこんな虚しいことをしている人もいるんだなと、社会人がなんだか良くわからなくなった。

 

少なからず、ああいう経験の積み重ねが、今の自分の価値観に影響を与えている。


気付けば、2018年もあと7ヶ月だ。
年齢を重ねる毎に、時間が経つのも早くなる。

 

年を取ると経済的には本来余裕ができていくはずなのに、新しいことが始めにくくなる傾向があって、頭が硬くなっていく。

 

ここ何週間か、少しマンネリしてしまっていた気がする。

日々新しいことをインプットして価値観を更新していきたい。

 

さて、次は何しようかな。