EZO TIMES

餃子とビールとJEEPを愛する平成生まれの元広告マン、現海外事業コンサルタントの雑記。

MENU

日本大学という組織に愕然とする

この日大のコメントから、選手に対して申し訳ないという気持ちは1ミリも伝わらない。

f:id:saitosaitosaito1009:20180522222142j:plain

この文章は、寧ろ関係者や国民の感情を逆撫でするために出しているとしか思えない。

 

選手に責任が全くないわけでは勿論無いと思う。

 

だけど、たった1人で正直な告白をしたのはアメフト部の監督・コーチの100倍立派だ。

 

この異常な悪質タックルの裏に、立場が上の人から彼が押し付けられたものは相当酷いものだ。

少なからず、スポーツの指導の枠とはかけ離れている。

 

日大の偉い人たち、選手が大勢の記者の前でこれまでの人生の多くを費やしたアメフトを辞める決意を発言した重さを理解し、申し訳ない気持ちが怪我をさせた選手にも本当にあるのなら。

 

辞めるのはあんた達だろ。

 

コミュニケーションの乖離という解釈で、選手に責任の多くを擦りつける日大の体質、人間性、感覚の異常さは、大学という教育機関としては勿論、組織として失格だと思う。


まだ社会に出てすらいない若者に服従や忠誠を誓わせ支配する、構造的に追い込んだ罪は相当深い。


一方で、今回の会見の見せ方はかなり合理的で弁護士はかなり有能だという見方ができる。

「悪質な行為を犯した加害者」から、「正直で立派な若者」にラベルを貼り替え情状酌量を図る印象づくりは極めて合理的。


だけど犯した事実、与えた被害は当然変わることはない。


だとしても、日大のコメントと対応は本当に情け無い、最低だ。