EZO TIMES

餃子とビールとJEEPを愛する平成生まれの元広告マン、現海外事業コンサルタントの雑記。

MENU

ドラマ「ブラックペアン」“ダークヒーロー”が魅力的な理由

やっぱりTBSのドラマは良いですね。


今クールで唯一欠かさず見ているのが「ブラックペアン」です。

二宮和也の演技はグッと惹き込まれる。

f:id:saitosaitosaito1009:20180612185247j:plain

昔、TBSの情熱大陸に出演したときの放送をたまたま見て、アイドルなのにシニカルに物事を捉えているのがとても印象的でした。
一方でプライベートはゲームに没頭する地味さ。


極端な一面は人間味があって、仕事に対してはストイックで、アイドルぽくないのが印象的でした。

 

ブラックペアンで二宮和也が演じるダークヒーローに僕が惹き込まれる理由は3つある。

 

⑴嘘をつかない

⑵実力がある

⑶他人の目を気にしない。

 

ドラマで演じるキャラクターは極端だけど、ブラックペアンで描かれているこの3つの要素は、今の世の中に対するアンチテーゼを表現していて爽快だ。

 

改竄、忖度、パワハラ、セクハラ。

最近報道されることの大半がどれかに当てはまる。

 

実力の無い人が、他人の目を気にして(忖度)、嘘を吐く(改竄)

そして誰かを傷付ける(パワハラ、セクハラ)

 

テレビ見ない人がどんどん増えるけど、僕は今でもテレビが好き。
それにしてもワイドショーは、いい加減もうちょっとマシな報道をしてほしい。

 

メディア界隈の人たちって、時計の針が本当止まってる。

 

人のセクハラパワハラ追求して他人の尻追っかけ回してる人達が、自らそんなことしてるのは全く信用無いよね。