EZO TIMES

餃子とビールとJEEPを愛する平成生まれの元広告マン、現海外事業コンサルタントの雑記。

MENU

脱社畜サロンというオンラインサロン界隈が炎上している件

脱社畜サロンの件

「脱社畜サロン」というオンラインサロンを運営するイケハヤさんと正田さんと言う方が炎上して、ソーシャル上で話題になっています。

きっかけは、このサロンの中心にいる正田さんという方のツイッター上のプロフィールに記載されている経歴が、疑義が発生したこと。

 

僕は彼らがやっていることにもパーソナリティにもそんなに興味は無いのだけど、ソーシャル上で見ていてもあまり好意的ではない。

 

理由は、誰かを批判したりマウント取りながら自分の正当性をアピールしようとする発言が目立つから。

 

自ら敵を作って何かを批判・否定しながら、自分の行動を正当化して賛同者を募るのは良くないです。

これが会社で同じことが行われるとしたら、自分の会社の社長がそんなやり方だったら非常に嫌です。

所謂ブラック企業ですよね。

 

ソーシャル上で議論を生むために、意図的且つドラスティックな発言をすることで所謂「炎上」させるのは手法の一つだったのかもしれませんが、これが好ましくないのは明らかです。

 

常に二元論や対極に物事を捉えたりするのも、あまり良くないと思うんですよね。

 

例えば、会社員かフリーランスかとか。

フリーランスの良さをアピールして自分の賛同者を募るために、わざわざ会社員を否定的に語るのは気持ちよくないです。

 

一方で、個人的には幻冬舎の箕輪さんという方は僕は同じ会社員なので興味があるのですが、彼のソーシャル上やテレビでの発言を見ていても、自ら敵を作ったり誰かを否定的に語るということをしていないと思う。

 

喧嘩を売られて戦うことはあっても、自ら敵をつくりながら自分の存在をアピールすることは無いのが、僕には好意的に映る要因なのだと思う。

 

誰かを貶したり否定しながらじゃないと、自分の良いところをアピールできないのはカッコ悪いしとてもナンセンスです。

NGT48の山口さんというアイドルが暴行被害を受けた件

秋元康さんはコメントすら出さないのですね。

これ、本当に悍ましい恐ろしい事件ですよね。