EZO TIMES

餃子とビールとJEEPを愛する平成生まれの元広告マン、現海外事業コンサルタントの雑記。

MENU

意外と知らなかった!iPhoneメモの「書類スキャン」機能は仕事でも使えて便利。

最近ビジネスシーンでもスマートフォンを使うことが普通になってきたので、あらゆることにiPhoneを利用できるようになりました。

スケジュールもiPhoneのカレンダーで管理できるから分厚い手帳は不要だし、メモも手帳よりiPhoneですることが殆どです。

f:id:saitosaitosaito1009:20181231123040j:plain



iPhoneの「メモ」は僕がかなり重宝してる機能です。

ブログの記事を書いたり、ふと思いついたことや仕事のアイデア、その日のTO DOリストもiPhoneのメモ機能を使ってます。

 

特に仕事ではかなり多様しています。

 

僕は移動中にアイデアを思いついたり考え事をしたり、企画を考えることがよくあります。

 

作業はデスクでしますが、右脳を使う考えるワークは席を離れて休憩所でコーヒーを飲んだり、移動中の方が捗るので、その時にiPhoneメモを活用し、思いついたことをメモします。

 

よく書類をカメラで撮っておくことが仕事のシーンでもありますが、メモの機能の中に書類スキャン機能があります。

これが案外知らない人も多いのですが、iPhoneが書類を勝手に認識してくれてLINEやメールでもすぐにシェアできるので、知っておくと便利です。

f:id:saitosaitosaito1009:20181231122759p:plain



メモ系のアプリって結構あると思うんですけど、僕はデフォルトで入ってるiPhoneのメモアプリがシンプルで使いやすくて愛用してます。

これくらいシンプルで充分です。

 

打合せ中にiPhoneを触るのは失礼?

僕は仕事柄デジタルの広告を取り扱うことが多いので、打合せ中でもiPhoneを触ることが多いです。

手帳も持ち歩いてはいるのですが、実質使ってるのはほとんどiPhoneです。

スマートフォンの機能が充実して手帳のニーズは減ってきているとはいえ、手帳もまだまだ使っている人は多いですよね。

 

ビジネスシーンでは未だにポーズとして、手帳を持参する風習も根強いと思います。

でも最近は僕割り切って、手帳には全くメモも取りません。

 

実際僕も社会人になったばかりの頃は、必ず手帳は持ち歩けとよく言われました。

そんなこと言う人に限らず、ろくにパソコンやスマホ使ってなかったり、資料管理ができていないと凄くいらいらしたりもしましたが…笑

 

できるだけ紙の資料は持ち歩きたくないし、先方から貰うのも好ましくないのです。

どうせシュレッダーするし…。

 

賛否両論あると思うけど、不必要に古い慣習を踏襲し続けたり、誰かの偏った価値観やしがらみ、拘りのせいで仕事の進行が阻害されるのは誰も本意ではないですよね。

 

企業のデジタルシフトも含めて、色んな意味で2019年はビジネスの転換点になりそうです。

 

オリンピックも翌年に控え、僕の仕事にも色んな影響がありそうです。