EZO TIMES

餃子とビールとJEEPを愛する平成生まれの元広告マン、現海外事業コンサルタントの雑記。

MENU

梅雨以外も必須!「折り畳み傘」が絶対オススメな3つの理由

今週のお題「雨の日の過ごし方」

 

雨の日は僕は苦手で結構憂鬱。
極力外出せず家でゆっくりしたいタイプです。

 

東京に住んでいた頃は、梅雨が本当に嫌でした…。

 

僕は折り畳み傘をずっと持たず、ビニール傘をひたすら使い失くしてはまた買ってを繰り返していました。

社会人になってからとあるキッカケで折り畳み傘を買ってから、そのメリットに気付きました。

 

f:id:saitosaitosaito1009:20180608195339j:plain

ビニール傘を買うのはかなり勿体ない

雨が降った時、傘がない度にいつも僕はビニール傘を買ってました。
これ、年間何本買ったかわからないけど結構もったいない出費ですよね。


500円のビニール傘を年間5本買って、失くして。
それを毎年繰り返すとなると、結構な額になりますねー。

 

折り畳み傘を持ってるとお洒落な紳士に

社会人になってから、折り畳み傘がバッグに入っているととても紳士だなーと思うことがありました。

それは、ある飲み会でのことでした。


飲み会が終わり、店を出ると雨が降っていた。

その日、天気予報は晴れだった。
飲み会に参加したメンバーに女性が1人いたのだが、彼女は傘を持っていなかった。

帰り際、部長がサラッとバッグから折り畳み傘を取り出し、その女性に手渡した。
その折り畳み傘はバーバリーのもので、女性が使っても全く違和感のないデザインだった。

その部長は特に高価なものを普段身につけていたり、特別お洒落な訳ではない。
だけどいつも清潔感があり、スーツの皺は綺麗に整えられていた。

僕はその部長に密かに憧れた。
僕のビジネスバッグには、今バーバリーの折り畳み傘が入っている。

 

プレゼントにもぴったり

ちょっとしたプレゼントにも折り畳み傘はぴったり。案外持ってない人が多いし、既に持っている場合でもバリエーションがあると便利。
男女どちらでも貰って損は無いし、選ぶのも困らないですね。
相手の普段の服装を知っていれば、デザインや形も選びやすいですよね。