EZO TIMES

餃子とビールとJEEPを愛する平成生まれの元広告マン、現海外事業コンサルタントの雑記。

MENU

27歳、初めてハローワークに行った日。

f:id:saitosaitosaito1009:20180417231747j:plain

僕が学生時代にバイト先が一緒だった知人が、先日婚約したそうだ。

 

彼は34歳、貯金無し。

奥さんは28歳。彼女も貯金はほぼ無し。

 

2人とも楽観的でお金は無くても何とかなるでしょ!と気楽に振る舞う。

時々、電気や水道も止まっている。


そんな日はキャンドルで灯りを灯す。

そういう夜はキャンドルナイトと呼んでいるらしい。

 

彼女は酷い鬱に長く悩まされている。

 

身体の見えるところに、自分でつけたいくつもの傷痕が痛々しい。

 

先日も酷い鬱症状に陥り、実家での療養を余儀なくされたそうだ。

 

 

僕が奥さんに初めて会った日、彼に明日の予定を聞かれた彼女は、確かハローワークに行くと言っていた。

 

友人たちの前では、2人ともいつも幸せそうだ。 

 

今、奥さんのお腹には子供がいる。

 


27歳で僕は初めてハローワークという未踏の地に足を踏み入れた。

その日は失業保険の初回認定日とやらだった。

 

再就職手当の仕組みについても僕はよく理解できておらず、自分はいくら手当が受け取れるかをその日初めて把握した。

 

ハローワークには沢山の人がいた。


職業相談コーナーでは何人も自分の番が来るのを待っている。

求人検索用のパソコンはほとんど埋まっている。
総合案内には次々には人が並ぶ。

 

当然、ほとんどが職を失った人たちだろう。

 

ハローワークで求人検索をしたことは僕はない。


どうやら、余裕をもって暮らせるような給料がもらえる求人は、大方無いようだ。

 

幸せの感じ方や尺度についてぼんやりと考え混んでしまった。