EZO TIMES

餃子とビールとJEEPを愛する平成生まれの元広告マン、現海外事業コンサルタントの雑記。

MENU

【仮想通貨】2018年リップルXRP 今後の展望。

 

仮想通貨の投資家、日本人は350万人

f:id:saitosaitosaito1009:20180410224111j:plain

日本での仮想通貨取引規模が公表されました。
日本仮想通貨交換業協会によると、現物取引でのユーザーは350万人。
20代〜40代を中心に日本人の3%が仮想通貨取引をしています。
意外なのが、80代以上で仮想通貨取引をしているのが約2.000人いるんですね。

 

2018年仮想通貨の今後の展望

 

現状の価格はかなり冷え込んでますが、海外ではブロックチェーン導入が各方面で進んでいますし、長期的な目線で見るとブロックチェーンの技術が今後世の中に浸透していくにつれて、価値が上昇するのは明白です。


短期の値動きに一喜一憂するのは、仮想通貨というテクノロジーに投資するという意味では本質的にあまり意味のないことかもしれません。
海外企業はブロックチェーン決済導入の動きが増えていますし、新たなビジネスに繋げようとする動きが鮮明です。


現状の暴落やボラティリティに一喜一憂するのはナンセンスです。
ネットの普及が爆発的な情報拡散を可能にしたように、価値のインターネットをビジョンとするリップルやイーサリアムなどの通貨が、近い将来世の中の常識を一変させるかもしれません。

 

ちなみにプロブロガーのイケハヤ氏も現況の値動きと仮想通貨に関わるトピックを総じて悲観しておらず、寧ろ買い増しを宣言しておられます。

 

仮想通貨の特徴・メリット


革新的な技術で既に実用化のフェーズに突入するビットコインですが、最近はネガティブな情報の多くに左右されて価格が大きく下落しています。
何だか悲しいので、今更ながら改めてビットコインのメリットと特徴をおさらいしてみた。

 

・世界中の30以上の通貨と交換ができる
・銀行を介さずに国際送金ができる。手数料が格安。
・預金とは異なり、金融機関のトラブル(銀行封鎖など)によりお金が引き出しできなくなる事態を回避できる。
・匿名取引が可能
・国や中央銀行が発行しない
・電子マネーも異なり、現金などの裏付けが無い

 

国境を越えた国際送金で多大な力を発揮する


アメリカの成人で銀行口座を持っていない人が2500万人、世界的には銀行と無縁とされている人が25億人もいるとされています。
途上国で暮らす人やアメリカのような先進国でも経済的弱者の人にとって、銀行を介さずに取引できる仮想通貨は大きなメリットなんですね。

 

世界経済フォーラムでも世界のあり方を変えるほどの力を持つ経済の動きと位置付けられる“メガトレンド”にも選ばれたブロックチェーン(分散台帳)。
今後の動きと価値の飛躍に期待です。

2018年リップルXRPの展望

 希望的観測ですが、昨年の値動き同様に5月末頃まではこの値下がりは続くと予想。6月頃から緩やかに上昇し始め年末の12月に向けて大きく価格が上向くと思ってます。
というか、上がって欲しい!
12月まではじっくり待ちます!

 

20代のうちから仮想通貨に投資するメリットの本質

f:id:saitosaitosaito1009:20180404090459j:plain

サラリーマンとして会社で働いてさえいれば生涯2億円もらえる。
そんな昭和時代のサラリーマンの年収モデルは崩壊し、僕のような平成世代の会社員は安定した収入は保障されていません!
退職金制度が無い会社だってたくさんあります。


メルカリのように福利厚生に優れた素敵な会社もあるのでそういった会社が増えていけばいいですが。

 

しかも、今後はAIの導入などによって仕事の効率化とオートメーション化により僕らの雇用すらも安泰ではありません。
だから僕らはお金を貯めるのではなく、戦略的に長期的な目線でお金を増やすのが賢明。


仮想通貨で大きく儲けようとは僕自身も思ってないですが、初めて投資に乗り出すにはちょうどいいきっかけですね。
スマホだけでできちゃう気軽さも良いです。

 

新しいもの、革新的なものはインターネットもそうだったように、最初は受け入れられにくいネガティブな印象になりがちですよね。

パラダイムシフトが起こるときは必ずネガティブなバイアスが作用します。


「なんだかめんどくさそうだし、今のままで十分。」
「よくわからないし、無理して始める必要ないじゃん」
とか。
会社だけに拘泥して新しいものに無思考なのは損です。


老後も、以前は定年退職してから夫婦で20万円以上の年金を受け取れたんですね。
僕らはそんなに貰えないでしょう。

 

ブロックチェーンが中央管理者を不要にし、個人がパワーを持って社会の構造とパワーバランスを変える“脱中心化”。
企業も同じように、これまで大手企業が中央集権的に情報を管理し特権を持っていた時代は終わって、個人でもあらゆる活動が可能になった。
ブログで収益化できるのも個人がパワーを持てるインターネットの恩恵の一つですよね。


昭和のサラリーマンモデルが崩壊したから、僕らは会社以外にお金の増やし方を考えた方が良い。


そのきっかけが、仮想通貨でもいいですね。
仮想通貨などへの投資を通じマネーリテラシーを高めることが、仮想通貨と今のうちから係るメリットの一つだと思います。