EZO TIMES

餃子とビールとJEEPを愛する平成生まれの元広告マン、現海外事業コンサルタントの雑記。

MENU

【仮想通貨】20代の会社員こそ投資を始めた方が良い理由

 

f:id:saitosaitosaito1009:20180404090459j:plain


僕が生まれた1990年の定期預金金利は5.57%でした。
ちょうど僕の親世代は、会社勤めで給料は上昇し、大手企業に勤めていれば安泰だった時代でした。


今は、氷河期と比較すると就職は容易になったようですが、退職金が無い会社も多く年功序列・終身雇用はとっくに崩壊。


投資などによる資産運用したり「お金を稼ぐ」ことがより重要なときだと思います。
一方、投資も少額からできるものも多いですし、積極的に「お金儲け」ができる時代と言えるかもしれませんね。

 

仮想通貨は大きな利益が見込めて、24時間365日いつでも取引できる

 

仮想通貨の価格変動はボラティリティが高いため、短期間でも大きく上昇する可能性があり大きな利益が見込めます。
またビットコインは株が取引できない祝日なども取引可能。24時間365日好きな時に取引ができるのもメリットですね。

 

少額から投資が可能

 

株式の場合少額投資は困難ですが、仮想通貨は1万円でも取引できます。
余剰資金を使って気軽に始めることができます。
また送金が非常に簡単です。
僕はGMOコインを使用してます。
登録も入金も初心者の僕でも非常に簡単でした。

 

年金も大して貰えない。普通に会社員してるだけでは収入足りない。


今の20代が貰える年金って恐らく精々6〜7万でしょう。
会社の収入だけで節約しながら貯金することもできますが、若いうちにお金を沢山使って色んな経験したいですよね。
だからこそ、投資を始めてお金の稼ぎ方を自ら学びながら資産も増やせる投資は積極的にスタートするべきですね。
勿論、余剰資金を上手く活用することが前提ですが。

 

仮想通貨の店舗決済は、既に国内5000店以上が導入している


僕が良く使う店舗だとビックカメラ。
その他にもあらゆる業界で仮想通貨の決済導入は普及しています。
大手コンビニチェーンが提携すればよりあらゆる人の生活に密接に仮想通貨が関わるようになりますね。
インフラとして仮想通貨のテクノロジーが機能することを期待し、価格が下がっている今が買い時かもしれませんね。

 

2020年東京オリンピックに向けてさらなる普及が期待できる

 

オリンピックなどの国際的なイベントも控えていますし、今後さらにインバウンド市場が国内でも活発になり、あらゆる分野で外資の流入も進行するでしょう。
仮想通貨が持つスマートコントラクトや送金技術が将来採用されれば、価格も大きく上昇が期待できます。